Slow Life HOKKAIDOとは

私たちは、北海道のライフスタイルマガジン
『northern style スロウ』を出版する雑誌編集部です。

少し車を走らせただけで出合える絶景、
頬をかすめる風が運ぶ季節の薫り、
すぐそこの畑で穫れた野菜を食べられる幸せ、
あけっぴろげな姿で笑う人々の飾らないおもてなし。
厳しい冬が長く続く北国には、
特有の風景・文化・習慣が脈々と息づいています。

そんな北国の「あたりまえ」な日常を、
そこで暮らす人に誇らしく感じてほしい。
この地を訪れる人にも、肌で感じてもらいたい。

『スロウ』はそんな想いで2004年から活動を続けてきました。
そして2018年、私たちは新たに『Slow Life HOKKAIDO』として
体験型ツアーの企画・運営をスタートします。
雑誌で紹介する物語の中に飛び込むような、
「あの場所で暮らすあの人」に会いにいく旅を
単に旅行会社ではない、「雑誌編集部」の私たちがご案内します。

北海道の豊かな自然が届けてくれる、贈り物の数々。
それらを散りばめたスロウなツアーへのご参加を
心よりお待ちしております。
旅の終わり、参加してくださった方それぞれの胸に、
深い歓びと新しい生き方のヒントが宿ることを願って。

クナウマガジン
Slow Life HOKKAIDO 一同

スタッフ紹介

  • 尾崎 友美

    人口約3,000人の更別村で生まれ育った田舎者。野山を駆け回り、虫や木の実を集めて暮らしていたが、大人になった現在は雑誌編集者兼ツアーコーディネーターとして道内各地・海外を飛び回る。好きなものはうどんと餅と睡眠。苦手なものは寒さと人混み。

  • ヘクター・アトム・ポサダス

    フィリピン出身。インドネシア、シンガポールなど、さまざまな国に居住歴がある。翻訳をはじめ、英語通訳・ガイド、WEBサイトの管理等を担当する。北海道観光マスター認定者。休みの度に北海道各地へドライブに出かける。夢は旅行で47都道府県を制覇すること。

  • 飯嶋 諒子

    ウィンタースポーツが盛んな、長野県出身。本人はスキーよりも夏山が好き。北海道の山もこれから登っていく予定。好きな動物は乳牛と猫。動物に囲まれた生活を夢見ている。1年間酪農家で仕事をしていたせいか、体力には自信あり。

  • 立田 栞那

    旭川空港のある町、東神楽町出身。好きなことは、外でのんびり過ごすこと。中でも登山、ピクニック、焚き火がお気に入りの過ごし方。道内の音楽イベントにもよく出かける。いつか花の季節に、礼文島を歩いてみたいという夢を持っている。

  • 平松 美樹

    札幌市出身。大学時代を沖縄で過ごしたことがきっかけで、歌うたいになる。これまで自然食品店の広報・販売や、水力発電で動く学習・体験施設のガイド等として働いてきた。海や空、木々の緑や山並み、星や月を眺めたり、心に音楽が流れる時間が好き。人や場が結ばれ、のびのびと花開くようなプログラムを創り、ゲストをご案内することが目標。

  • 鎌田 暁子

    北海道十勝出身。会社に勤めながら、休日は農家の嫁として農作業や農産加工、農泊ゲストの対応なども行う。北海道、特に十勝の自然、食の豊かさに魅力を感じ、国内外問わず多くの人に来て見て体験してもらうのが目下の目標。好きな旅行地は離島。行ってみたいところは、タスマニアのforest walks lodge。

  • 湯川 大輔

    大阪府出身。北海道が大好きで、大阪から移り住む。出版物の編集や営業の仕事をへて、現在はツアーの発掘に力を注いでいる。仕事でもプライベートでも、北海道のドライブはどこも景色がよく、癒しの旅だと思っている。食べることと、寝ることが大好き。

会社情報

社名 ソーゴー印刷株式会社
住所 〒080-0046 北海道帯広市西16条北1丁目25
代表者 高原 淳
旅行業登録 北海道知事登録旅行業 第2種-757号(国内旅行業務取扱管理者:猿渡亜美)
加盟団体 全国旅行業協会(ANTA)正会員
E-mail お問い合わせフォームをご利用ください
営業時間 月~金 8:30〜17:30
休業日 土日祝日